宅配よりお得?ピザをテイクアウト出来るファミレス6選

ぴざ~る

ぴざ~る

-
ピザメニューがあるファミレス

普段はあまり意識することはありませんが、日本人にとって

宅配ピザ以上に身近なピザは、ファミリーレストランのピザかもしれません。

2014年頃には¥500で食べられるワンコインピザこと「吉野家ピザ」が話題になり

これも広い意味では、ファミレスのピザと言えるでしょうか?

ほとんどのファミレスには定番メニューにピザがあり

テイクアウトに対応しているお店も少なくありません

今回は「ちょっとだけピザが食べたい」そんな時に大変便利な

ピザをお持ち帰り出来るファミレスをいくつか紹介したい思います。

※この記事は2014年4月時点の資料を参考にしています

ガスト(すかいらーく系列)


■マルゲリータピザ ¥499(税抜)
■マヨコーンピザ ¥399(税抜)


¥500円以下なので、これもワンコインピザといえるかもしれませんね
通常メニューとテイクアウトメニュー共通で
ピザのサイズは8インチ(21cm)程、生地はクリスピータイプです。

ガストは全国各地に店舗があるので
誰でも一度くらいは食べたことがあると思いますが
味はご存知の通り、良くも悪くもファミレスのピザで
日本人好みの味に仕上がっています。
最近ではアメリカンタイプからイタリアンタイプに変化している上に
年を追うごとに生地が薄くなっていく印象がありますね。

ジョナサン(すかいらーく系列)


■ツナとパプリカのピザ(Sサイズ) ¥250(税抜)
■フレッシュトマトのマルゲリータピザ ¥690(税抜)


通常メニューとテイクアウトメニュー共通で
生地はスタンダードなアメリカンクラストです

ガストと同じ、すかいらーく系列のファミレスですが
生地はクリスピータイプに変更される以前のガストのピザに近いです。
好みにもよりますが、味はガストよりもやや上でしょうか。

グラッチェガーデンズ(すかいらーく系列)


■本格・ピッツァマルゲリータ ¥599(税抜)
■ジェノベーゼ小海老ピッツァ ¥699(税抜)
■マヨコーンピッツァ ¥499(税抜)
■ベーコンとポテトのピッツァ ¥639(税抜)
■ゴルゴンゾーラピッツァ ¥699(税抜)


イタリアンファミレスだけあってピザの種類も多く
生地もナポリ風とローマ風の2種類から選べます
サイズは11インチ相当の27cmと大き目ですが
これは「ピッツァ食べ放題セット」の場合で
共通かどうかは、残念ながら不明です。

テイクアウトに対応している上記のメニュー以外にも
二つ折りの揚げピッツァやデザート用のドルチェピッツァなど
通常メニューでしか注文できないメニューが他にも多くみられます
¥1199(税抜)からの「ピッツァ食べ放題セット」があるので
テイクアウトよりもお店で食べたほうが
何かと利点の多いファミレスでしょうか。

ココスジャパン(ゼンショー系列)


■ミックスピザ Mサイズ ¥890(税抜)
■生ハムとルッコラのピザ Mサイズ ¥890(税抜)
■生ハムとルッコラのピザ Sサイズ ¥590(税抜)
■マルゲリータピザ Mサイズ ¥590(税抜)
■マルゲリータピザ Sサイズ ¥390(税抜)


通常メニューとテイクアウトメニュー共通で
ピッツァ風ですが生地はアメリカンクラストに近い仕上がりです
Sサイズが7インチ(18cm)、Mサイズが9インチ(23cm)と
他社よりも一回り大きく、その分価格も割高です。

アメリカンピザが好きならミックスピザ
イタリアンピッツァが好きならその他2種がおすすめで
サイズと価格の分、他社よりも満足度が高めです。
マルゲリータはトッピングが弱いので
テイクアウトの場合は自宅でチーズを追加して
温め直すと、より美味しくいただけます。

Pizza napoletano cafe(ピッツァナポレターノカフェ)


■マルゲリータ ¥500(税込)
■ジェノベーゼ ¥500(税込)
■マリナーラ ¥500(税込)
■ナポレターノ ¥500(税込)
■プリマベーラ ¥650(税込)
■ビスマルク ¥650(税込)
■ゴルゴンゾーラ ¥700(税込)
■トロピカル ¥700(税込)


以前に"ワンコインピザは宅配ピザ業界への刺激になるか?"の記事で紹介しましたが
「吉野家ピザ」の別名で知られる話題のお店です。

ワンコインピザは宅配ピザ業界への刺激になるか?

既にご存知の方も多いと思いますが、昨年の10月都内に「ピッツァナポレターノカフェ」と言う¥500で食べられる「ワンコインピザ」を売りにした店舗がオープンしましたこのお店は、牛丼で知られる吉野家の傘下にあるグリーンズプラネットが経営している為巷では「吉野家ピザ」と呼ばれることが多いようです。実店舗がオープンする以前に、「吉野家がピザ業界に参入!!」と言う第一報を聞きついにこの業界にも価格破壊が起こるのでは...


ワンコインピザの名に恥じない「税込」価格は
増税後には特に嬉しく感じますね。
サイズは全メニュー共通で8インチ(20cm)で
生地はその場で手のばしする本格ナポリ風です。

あらゆる面でファミレスのピザとはレベルが違いますが
女性を基準とした20cmと言うサイズに不満が出ているそうです
男性が満腹になるには、やはり2枚は必要で
今後は「2枚注文すると¥900」などの割引サービスが望まれます。

サイゼリア


■マルゲリータピザ ¥399(税込)
■サラミとパンチェッタのピザ ¥399(税込)
■野菜ときのこのピザ ¥399(税込)
■真イカとアンチョビのピザ ¥399(税込)
※¥99でチーズ2倍


通常メニューとテイクアウトメニュー共通で
生地はクリスピータイプです
サイズは21cmとファミレスピザでは標準的な大きさです。

何年か前にピザからメラミン検出という暗いニュースがありましたが
「税込み」表示の徹底した低価格は流石といえます
普通に食べると満足度はそこそこですが、チーズ2倍にすると
食べ応えがあり満足度が跳ね上がります
コストパフォーマンスはファミレスピザでは最高ランクで
「元祖ワンコインピザ」と呼べるかもしれませんね。

ファミレスピザのテイクアウトは利点が少ない


「テイクアウトが出来る」と言う視点で紹介してきましたが

ファミレスのピザはお持ち帰りにしても特に値引きが行われないので

お得感は感じづらいかも知れません。

とはいえ、ファミレスは食事以外にも何かと使われてしまう場所ですから

ゆったりと自宅やオフィスで食事をしたい方にとっては有難い存在ですし

テイクアウトするとオリジナルのトッピングが楽しめる利点もあります。

紹介したお店の中では、吉野家ピザことピッツァナポレターノカフェと

皆さんおなじみのサイゼリアがやや優位に立っている印象です

両者の方向性は全く異なっていますが「税込み」「ワンコインピザ」という

消費者に分り易くアピール出来る部分では共通点が見られます。

例外として「テイクアウトしない」「3枚以上食べる」と言う条件でなら

グラッチェガーデンズのピッツァ食べ放題が最もコストパフォーマンスが良くなります

限られた時間で慌しく食べることになってしまいますが

お近くにお店のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

宅配ピザの注文は何時まで?深夜にピザを食べる3つの方法

今回は『深夜にピザが食べたくなった時はどうする?』の解決策として宅配ピザ各社のラストオーダーや営業時間について簡単にまとめてみます。また、深夜に宅配ピザを注文する以外の方法として、24時間営業しているファミレスやコンビニを活用する方法についても幾つか紹介します。...