ピザ窯に迫る実力『魚焼きグリル』でピザを焼く方法 - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●11月20日『ピザの日』までの5日間限定
クーポン番号『QL-15M』でMサイズピザが全品1500円
クーポン番号『QL-20L』でLサイズピザが全品2000円
ネット注文限定、配達OK【11/20迄】

●デリバリーでも1枚買うと、もう1枚無料
クーポン番号『QH-BG』、対象ピザ2枚以上注文で50%オフ!!
メニュー限定、ネット注文限定、配達OK【11/20迄】

●デリバリーオファー【期間延長】
2枚以上注文かつクーポン番号『QEP25』入力で25%オフ!!
1枚のみ注文でもクーポン番号『QEP20』入力で20%オフ!!
M・Lサイズピザ全品対応、もちろん配達OK【12/17迄】

●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●期間限定『2枚目タダ得セット』キャンペーン
『絶品ジューシーミート4』をご注文で『にぎやかフレンズ4』が無料に!!
MサイズでもLサイズでもOK、もちろん配達OKです【11/23迄】

●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【期間延長中】

ピザハットオンライン

ピザ窯に迫る実力『魚焼きグリル』でピザを焼く方法

ピザ釜で焼かれるナポリ風ピザ

ピザ好きにとって自作のピザ窯は憧れの一つです

ですが、実際に調べてみると予算はもちろん設置場所や安全性など

様々な問題にぶつかり「誰でも簡単に」と言う訳には行きません。

そこで注目したいのが、どこの家庭にもある魚焼きグリルです

魚を良く食べる日本人には欠かせない調理機器ですが

使い方次第でピザ窯に迫る実力を発揮してくれます。



知られざる魚焼きグリルの実力とは


焼き魚

あまり知られていませんが、一般家庭の調理機器の中で最も高温を出せるのが

テーブルコンロやビルドインコンロに備え付けの魚焼きグリルです。

本格的なピザ窯の500度には及ばないものの、グリル内は250~400度にもなり

オーブンレンジやトースターの250度はおろか、自作のピザ窯よりも高い温度が出せます。

使っているグリルによって性能差はありますが、予熱無しでも1~2分ほどで250度に達し

グリル内ではピザ窯と全く同じ「直火」と「対流熱」の二重の加熱が生じます

加えて遠赤外線機能持つグリルならば、ミニピザ窯と言っていい程の再現度になります。


魚焼きグリル(フィッシュロースター)の機能について


テーブルコンロ

最近の魚焼きグリルは用途が魚焼きに限定されない物が増えています

実際にピザを焼く前に、自宅のグリルにどういった機能があるのか知っておくと

さらに美味しく焼き上げることが出来ます。


無水・水なしタイプ

古いモデルはグリルの受け皿に水を入れ、グリル内での発火を防ぐ必要がありましたが
現在では、使用時に水を必要としない「無水・水なしタイプ」が主流になっています
掃除が楽ですし、対流の熱に水分が混じらないのでカリッとした焼き上がりになります。


両面焼き

旧型や廉価モデルでは未だに片面焼きが多く見られますが
魚を上下から一気に焼ける両面焼き機能も一般的になっています
焼き時間が短く済みますし、裏返しの出来ないピザには打って付けの機能といえます。


遠赤外線機能

遠赤外線は電子レンジに使われるマイクロ波と似たような効果があり
食材内部の水分を利用して、内側から熱を発生させます
よく言われる「外はパリッと中はもっちり」な焼加減になります。


ワイドグリル

グリル内の焼網サイズは小さい物で30cm×20cm程度
通常で30cm×23cm程度、ワイドグリルで32cm×26cm程度になります。
当り前ですが、焼網の大きさによって焼けるピザのサイズが決まり
通常サイズなら、チルドピザで多く見られる9インチ(23cm)サイズを切らずに焼けますし
ワイドグリルなら10インチ(25cm)サイズのピザを丸々一枚焼くことが出来ます。
また、ワイドグリルは6~7cmと高さもあり
専用のダッチオーブンが使えるものもあります。


これらの機能は魚焼きグリルでピザを焼く上で必須という訳ではありませんが

条件を満たすほど、本格的なピザ窯に近いパリッとした焼き上がりになり

使用後の掃除も最近の物ほど簡単に出来る様になっています。


魚焼きグリルでのピザの焼き方


グリルで焼くピザ


両面焼グリルの場合

グリル専用のピザプレートがない場合は生地の張り付き防止と掃除の手間を省く為に
シワを寄せたアルミホイルをピザの下に敷きます。

■チルドピザ/冷蔵ピザ
予熱が十分なら上下強火で1~2分ほど、通常でも4~5分で焼き上がります。

■冷凍ピザ
チルドピザと同じ方法ですが、未解凍の場合は弱火で長時間焼く必要があります。
火加減が難しく表面が焦げやすいので、十分に解凍してから
チルドピザと同じ要領で焼き上げる事をおすすめします。


片面焼グリルの場合

片面では上部からしか火が通らないのでシワを寄せたアルミホイルにのせたまま
フライパンの中火で3~4分ほどピザの底面を焼いておきます。

■チルドピザ/冷蔵ピザ
フライパンからアルミホイルごとグリルに移動し3~4分ほど強火で焼き上げます。

■冷凍ピザ
十分に解凍してからチルドピザと同じ方法で焼き上げます。


温めなおしについて

宅配ピザの食べ残しを温め直すのにも使えます
余分な水分が飛ぶので、もう一度焼き立てのピザが楽しめます。

■両面焼き
シワを寄せたアルミホイルにのせて弱火で4~5分焼きます。

■片面焼き
フライパンを使うなど、通常の焼きと同じ手間が必要になるのでおすすめしません
素直にオーブントースターか電子レンジで温めなおしましょう。

※どの方法でも焼き時間はあくまでも目安です、お使いのコンロの性能や環境によって
変ってきますので、焦がさないようなベストな焼き時間を探してみて下さい。



気になる魚臭さについて


魚焼きグリルの臭い

魚を焼いたグリルで他の食材を調理すると、魚臭さが移るのでは?と心配になります

焼き上がった後は機器が完全に冷める前に取り出すことが重要で

グリル内に長時間放置すると、臭いが移る可能性が高くなります。

とは言うものの、高温で焼き上げると食材から水分が外へ出て行くため

使用後に洗っていない焼網で直接ピザを焼くような使い方でないかぎりは

臭いが移ってしまうようなことは殆どありません。

使用後に掃除を疎かにしている場合や魚焼き専用として長期間使用していた場合は

重曹での掃除が非常に効果的で、検索すると何通りもの方法が詳しく紹介されています

臭いが気になる方は、ピザを焼く前に一度丁寧に掃除してもおくのも手でしょうか。


魚焼きグリルで注意すべき点


家庭にある魚焼きグリルを活用する事で

美味しくピザが焼き上がるのは確かですが、幾つか欠点もあります。


【1】火力が強いので表面が焦げ易く、火加減には慣れが必要になる

【2】温度調節が大雑把で古いタイプほど細かな調節が出来ない

【3】使っているグリルのバーナーの位置によっては焼きむらが出来る

【4】ガスを燃焼させているのでピザ窯と比べて余分な水分が発生する

【5】グリル内が狭く、最大でも10インチ(25cm)のピザを焼くのが限界

【6】250度を超える高温になるので、使い捨てのクッキングシートが使えない

【7】簡単になったとはいえ、やはり掃除が面倒



大まかにまとめると以上になりますが

やはり火力が強い分、焼き加減については難しい部分がある様です

薪で炊くピザ窯と比べるとガスを利用する魚焼きグリルでは

ガス燃焼による水分は避けられない問題で

このあたりが魚焼きグリルの限界といえるかも知れませんね。


ピザストーンを魚焼きグリルで使ってみる


オーブンレンジやオーブントースターで使うことで

ピザをパリッと焼き上げる事の出来る「ピザストーン」と呼ばれる道具があります。

実はこのピザストーンは魚焼きグリルでも使え

ピザの余分な水分や油分を吸収しパリッと焼き上げる事が出来ます。

上のピザストーンは『デロンギ ピザストーン PS-CN 』という製品で

サイズが26cm×24cmとワイドグリルの内部にすっぽりと納まる調度良いサイズになっています

旧型のテーブルコンロではグリル内に収まらない大きさなのが残念ですが

富士商のピザストーンなら23cmと一回り小さく円形なのでギリギリ使えるかもしれません。

ピザストーンには厚みが1cmほどあり、その分だけ熱源に近くなります

ガスによる直火がある魚焼きグリルで使う場合は

火加減は気持ち抑え目にしたほうが失敗が少なくなります。

最新の魚焼きグリルなら、普通に使っても十分な焼き上がりになりますが

ピザストーンを活用する事で、これ以上ないくらいにピザ窯に近づけます

ガス燃焼の水分対策としても効果が得られるかもしれませんね。


ピザ向きのテーブルコンロについて


最後になりますが、ピザ焼きに向いたテーブルコンロをメーカー別にまとめてみます

自宅でピザを焼くためにコンロをまるごと新調する方は流石にいないでしょうが

そろそろ買替えを考えている方には、多少は参考になる情報かも知れません。


ガスコンロの種類について


コンロには据え置きタイプのテーブルコンロ(ガステーブル)と

システムキッチン組み込み式のビルドインコンロがあり

今回は設置の手間の少ないテーブルコンロを採り上げます。

テーブルコンロには横幅56cmと59cmの2種類のサイズがあり

代表的なメーカーは「パロマ」「リンナイ」「HARMAN(ハーマン)」の3社です。

上部のトッププレートが耐熱・耐久ガラス製で

掃除や手入れが楽なガラストップの人気が高いですが

落下物の衝撃などで粉々になってしまう事があるらしく

昔ながらのホーロートップも根強い人気があります。


■リンナイ 『LAKUCIE(ラクシエ) RTS61シリーズ』
      実売¥40000~
      焼網サイズ 304mm×232mm(ワイドグリル)
      遠赤外線機能/両面焼き/無水タイプ
      ホーロートップ

■ハーマン 『LW2268シリーズ』
      実売¥50000~
      焼網サイズ 323mm×258mm(ワイドグリル)
      両面焼き/無水タイプ
      ピザ用プレートあり(別売) 24cmピザ対応
      ガラストップ

■パロマ  『PA-350Wシリーズ 』
      実売¥30000~
      焼網サイズ 315mm×252mm(ワイドグリル)
      遠赤外線機能/両面焼き/無水タイプ
      ピザ用プレートあり(別売) 24cmピザ対応
      ホーロートップ


各機能をしっかりと押えていてコストパフォーマンスが最も良いのは

パロマのPA-350Wシリーズでしょうか

最近の製品ならば、どれを選んでも本体やグリル部分の掃除が簡単なように作られていますが

毎日の様に触れる道具なので、使い勝手が良く手入れの楽な製品を選びたいところですね。




関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/14-0d49bed7