『宅配ピザ冷凍保存のススメ』持ち帰り半額で買いだめしよう!! - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【6/18迄】

ピザハットオンライン

【ピザーラ】

PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>

『宅配ピザ冷凍保存のススメ』持ち帰り半額で買いだめしよう!!

宅配ピザを冷凍保存する方法

Mサイズの宅配ピザは、大抵の大人なら一人で食べ切れますが

直径が36cmにもなるLサイズのピザともなると、十代二十代の食べ盛りでも無い限り

一気に食べ切るのが難しく、食べ残しが出てしまう大きさです。

余った分は、後の楽しみとして取っておくことになるのですが

ピザを出来るだけ美味しいまま保存するには、どうしたら良いのでしょうか?

今回はそんな食べ切れずに余ってしまったピザはもちろん

以前に「お持ち帰り(テイクアウト)で一番安くなる宅配ピザはどこ?」で紹介した

ピザが実質半額になるキャンペーンによる買いだめを最大限活用できる

ピザを長期保存する方法について調べてみたいと思います。



数日の保存なら


家庭で食品の保存をする場合、冷蔵と冷凍の二つの方法が一般的ですが

ピザの場合も例外ではなく、普通の食品と同じような取り扱いとなります。

食べ残しのピザなど1~2日で食べてしまう場合は特殊な下準備などは必要なく

湿気対策としてアルミホイルを使う必要もありません

ピザが冷めた後に、ごく一般的なラップで包み冷蔵庫で保存するだけで十分です。

温め直しには電子レンジではなく、オーブンレンジかオーブントースターを使い

オーブントーストは家庭にある普通の物で構いません

流石に焼き立てのピザの味には及びませんが

適度に水分が飛ぶので歯ごたえが良く、電子レンジを使うよりも美味しく仕上がります。



冷凍保存の注意点について


冷凍焼けとは?

一般家庭でピザを長期間保存するには、冷凍するのがベストな方法です

ですが、ピザ本来の美味しさを保ったまま長期間冷凍するには幾つかの問題があり

最も注意しなければならないのが、いわゆる「冷凍焼け」です。


冷凍焼けとは?


冷凍焼けは、冷凍保存した食品から水分が必要以上に失われて

食品が乾燥してしまうことを言い

それに伴った、脂質の酸化やたんぱく質の変質も冷凍焼けの症状に含まれます。

ようは冷凍庫内で食品が干からびて味が極端に落ちてしまう事なのですが

長期保存によって庫内の匂いを吸着してしまう現象も

食品の劣化に追い討ちを掛けてしまう様です。


冷凍焼けを防ぐには?


冷凍焼けは食品を長期保存する上で大変厄介な存在ですが

家庭でも出来る簡単な防止対策として、以下のような方法があります。


【1】出来るだけ空気に触れさせないように密閉し乾燥と酸化を防ぐ

【2】食品はなるべく小分けにして保存する

【3】素早く凍らせて、食品の組織破壊を最小限にする

【4】冷凍庫の開閉は必要最低限にし、庫内の温度を一定に保つ


これらの対策の中では【1】が最重要で真空状態にどれだけ近づけるかが鍵になります

【2】の小分けにすることに関しては、表面積が増えてしまうので

【1】と矛盾してしまう気もしますが

サイズが小さいほど密閉処理が容易になる上に使い勝手が良くなるので

それ程問題にはならない様です。

【3】の出来るだけ早く凍らせるに関しては、肉や魚など生の食材に有効な方法なので

ピザの場合はしっかりと冷めてから冷凍する程度の対策で十分でしょうか

冷蔵庫は日常的に使うものなので【4】は現実的に難しい対策かもしれませんが

業務用と比べて性能の劣る家庭用冷蔵庫では庫内温度が変化し易く

開閉のたびに食品がわずかに解凍され、その後再び冷凍されることにより

水分が抜け冷凍焼けを起こし易くなります

長期保存したい食品は同じ冷凍庫内でも

出来るだけ温度変化の少ない場所に収納した方が良さそうです。



ピザの冷凍保存方法


ピザの冷凍保存にはジップロック

いよいよ本題のピザの冷凍保存についてですが

必要になる道具は

「家庭用のラップ」「ジップロックなどのフリーザーバッグ」「程度な深さと大きさのボウルか鍋」

この三つだけで、慣れれば誰でも簡単に出来るようになります。


加工の方法


【1】ピザが十分の冷めている事を確認する

【2】カットされていないピザの場合、適度に小分けする

【3】出来るだけ空気が入らない様にピッチリとラップで包む

【4】ジップロックなどのフリーザーバッグに1~2個入れる

【5】十分に水を張ったボウルか鍋に、袋の中に水が入らないようにギリギリまで水没させる

【6】水圧で袋の余分な空気が抜けたら、袋の入り口を閉じ密閉する

【7】袋に付いた余分な水気を拭き取る

【8】冷凍庫内の温度の変化の少ない場所に収納する


多少面倒になる【5】~【7】の手順は省略して

手で延ばす様に空気を抜いてから袋を密閉しても構いませんが

手軽に空気を抜くには便利な方法なので一度試してみてはいかがでしょうか?


フリーザーバッグについて


使用するフリーザーバッグは旭化成の「ジップロック」が特に有名で

乾燥防止や匂いの吸着を防ぐ為に必須のアイテムです。

最も容量のあるLサイズは大きさが縦273mm×横268mmもあり

Mサイズの宅配ピザなら丸々一枚収納できてしまいます

宅配ピザの場合はカット済みですし、未カットでも丸々一枚をラップで包むのは難しいのですが

未カットのピザを丸々一枚のまま、冷凍保存するのも面白いかも知れませんね。

余談ですが、シップロックの他にも

「キチントさん」というフリーザーバッグがクレハから発売されています

サイズはジップロックと殆ど同じですが、こちらはマチ付きになっているので

厚みのある食品や袋のサイズギリギリの食品を冷凍保存するのに重宝します。



冷凍したピザの保存期間はどれくらいなのか


冷凍したピザの保存期間に関しては、それぞれの環境や加工の仕方によって差が出てしまうため

判断が難しいのですが、ラップ無しのジップロックのみでも2週間程度は保存が出来るそうです

それ以上の期間では冷凍焼けを起こす可能性が高くなり、味は保障できなくなりますが

ラップとジップロックでしっかりと下処理すると、最大3ヶ月程度は保存出来ます。

随分と長く保存が出来るものだと驚いてしてしまいますが

所詮は家庭用の冷蔵庫なので過信は禁物です

ピザ本来の美味しさを楽しみたいなら、1ヶ月程度を目安に食べきるのが最適ではないでしょうか。



ピザの解凍と温めなおしの方法


オーブントースター

ピザを数日だけ保存する場合でも使いましたが、冷凍したピザを温めなおす場合にも

電子レンジではなくオーブントースターを使います。

電子レンジの出番は冷凍したピザを時間を掛けずに解凍したいときで

ピザのサイズや使用する機器にも寄りますが、500ワットの電子レンジで1~2分程で解凍できます

自然解凍でも40分~60分程度で解凍が済みまが、失念して長時間放置してしまうと

具から出てくる水分で生地が傷み、味や食感が落ちてしまうことがあるので注意が必要です。

どちらの方法でも、解凍後にオーブーントースターで温めなおしますが

500ワットのオーブントースターで2~3分ほど焼くと表面が程よくカリカリに仕上がります

こちらもピザのサイズや使用する機種によって違いがあるので、あくまでも目安と考えて下さい。

他にも過去に記事にした

『フライパン&ガスバーナー』で簡単に石窯風ピザを焼く方法

ピザ窯に迫る実力『魚焼きグリル』でピザを焼く方法

などでも温めなおしが出来ますが、やはりオーブントースターが一番楽で使い勝手が良いです。



ちょっと進んだ冷凍保存について


家庭用の真空パック

ラップとフリーザーバッグを使ったピザの冷凍保存方法を紹介しましたが

より完璧を目指すなら、結論は真空パックになってしまいます。

ですが、真空パック加工は専用の保存袋がやや高価なうえに

空気を抜くための真空パック器やポンプが別途必要になり

思った以上に手間と費用が掛かるので、なかなか気軽には使えない代物です。

知る人ぞ知るといった感じですが、2006年ごろにこれらの問題を解消し

ラップと真空パックの特徴を併せ持った「プロキープ」と言う製品がP&Gから発売されていました

一見ラップの様ですが、指で圧力を加えるとフィルム同士がピッタリと張り付き

空気を手で抜きながら食品を簡単に密閉することが可能です

また、密閉後もはがし易いので複数回使え

フィルム同士はくっついても食品には張り付かない、大変便利な製品でした。

一部では大変好評でしたが、普通のラップよりもやや割高な点や

ラップとの使い方の違いがイマイチ理解されなかったのが原因で

現在では、残念ながら販売されていません。

まさに冷凍保存には打って付けの完璧な製品なので、販売停止が歯がゆく思えますが

プロキープの良さを知り、後戻りできなくなってしまった方々は特徴の良く似た

GLAD PRESS'N SEAL (グラッド プレスンシール)

を代用品として使っているようです。
グラッドのプレスンシール
グラッドのプレスンシールはアメリカ版のサランラップと言った存在で

買いだめが一般的なアメリカでは大変ポピュラーな製品だそうです。

日本では正規の販売がされていませんが、コストコや通販などで買うことができ

以前よりも手に入り易くなっています。

本格的な真空パックには及びませんが、ジップロックなどのフリーザーバッグと

グラッド プレスンシールを組み合わせて使うことで

ラップ使う以上に美味しさを保ったまま長期保存が可能になります。



宅配ピザを買いだめしてみよう


ピザの長期保存が出来るようになると

食べ残しだけではなく、宅配ピザのまとめ買いを活用する事も視野に入ってきます。

お持ち帰り(テイクアウト)で一番安くなる宅配ピザはどこ?

で紹介した、ドミノ・ピザやピザハットでは

持ち帰りでピザが実質半額になるキャンペーンが行われています

ピザを食べ切らなければならない状況なら、一人でLサイズ2枚は流石に手に負えない量ですが

冷凍保存が出来るなら、宅配ピザLサイズ一枚分の値段で

一日1ピース食べたとしても24日間はピザを食べ続けることが可能になりますし

後々、自分の好きなタイミングで残りの一枚を食べると言った楽しみ方も出来るようになります。

注文する際は、小分けで保存することを考慮し

トッピングをハーフかクワトロにしたほうが良いかもしれません

そのほうが、ピースごとにトッピングに変化が出るので

長期間飽きずに味わい続けることが出来そうです。

最後になりますが、宅配ピザを冷凍保存するにあたって

トッピング選びで注意する点が一つだけあります。

それは『ジャガイモが含まれているピザは避けろ!!』です

ジャガイモは冷凍保存すると水分が抜けて味がボソボソになり、味や食感が著しく落ちます

某カップ○ードルのカレー味に入っているポテトを思い出してもらうと

わかり易いのではないでしょうか?

一流企業が頑張ってもあの程度なので、一般家庭では推して知るべしです。



関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/22-ac6617bf