家庭用ピザ窯として最適!!ウェーバー社製BBQグリルの選び方 - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●デリバリーオファー
クーポン番号『QTB20』入力でピザ全品20%オフ!!
枚数・回数制限あり、ネット注文限定で配達OKです【11/19迄】

●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●期間限定『2枚目タダ得セット』キャンペーン
『にぎやかフレンズ4』を注文で『バラエティー4』が無料に!!
他クーポン・割引サービスと併用不可、M・Lサイズ選択OK、配達OKです【9/24迄】

●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【期間延長中】

ピザハットオンライン

家庭用ピザ窯として最適!!ウェーバー社製BBQグリルの選び方

ウェーバージャンボジョーグリル
参照元:WEBER


私自身、重度のピザ好きですが、実現したい夢のひとつに「家庭用のピザ窯」があります。

ですが、本格的な物はもちろん自作のピザ窯であったとしても

実現に至るまでには、クリアしなければならないハードルが幾つもあり

叶わぬ夢のままで終わってしまいます。

家庭や個人用にピザ窯を再現できる簡単な方法として

魚焼きグリルの活用やフカイ製ピザ焼き機について記事にしたことがありますが

今回紹介する、米国ウェーバー(WEBER)社のバーベキューグリルは

製品の選び方と組み合わせ次第で

家庭用ピザ窯の在るべき姿と言っても過言ではない

非常に使い勝手の良い製品になります。



ウェーバー(WEBER)社製 バーベキューグリルの種類について


ウェーバー社のバーベキューグリルは

本場アメリカで60%以上のシェアを誇る大人気製品なこともあり

日本国内でも数多く取扱われています

ウェーバー チャコールグリル(WEBER CHARCOAL GRILLS)と呼ばれる

キャスターの付いた3本脚タイプは見た目が特徴的なので

店頭で目に留めて覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ウェーバー チャコールグリル ワンタッチシリーズ


本体が黒一色のカラーリングで見た目も良く似ていることから

初見では区別が付き辛いのですが

ウェーバー チャコールグリルのワンタッチ シリーズには

ノーマル(無印)とプレミアの2つのグレードがあり

それぞれシルバーとゴールドの別名が付いています。

この辺が少しややこしい所で、並行輸入品の場合や取扱店によって

商品名が微妙に異なり、製品サイズがインチ表示されることで

更にわかり辛さに拍車を掛けている印象です。


■ウェーバー(WEBER) オリジナルケトル
  別名『ワンタッチ シルバーケトル』


■ウェーバー(WEBER) オリジナルケトル プレミア
  別名『ワンタッチ ゴールドケトル』



大きく分けてこの2種類で、これらには47cm57cmの2つのサイズが存在します

並行輸入品ではサイズがインチ表示のままになっている事があるので

その場合は【18】が47cmタイプ、【22】が57cmタイプと覚えておきましょう

因みにアメリカ本国では更にサイズの大きい67cmタイプの【26】が販売されています。


ウェーバーのオリジナルケトル ノーマル(シルバー)とプレミア(ゴールド)の違いは?


グレードと大きさ別で4種類に分けられている事はわかりましたが

ノーマル(シルバー)とプレミア(ゴールド)のオリジナルケトルには

下部に取り付けられた灰受けの形状と温度計の有無といった違いがあり

プレミア(ゴールド)の灰受けは取り外しができ、灰を落としても飛び散らない利点があります

個人的にわざわざグレード分けするほどの機能差は感じませんが

それだけ完成された製品と言えるのかも知れません

どのモデルを選んでも、使い勝手の良さと頑丈さは折り紙付きです。


コンパクトな「スモーキー ジョー シリーズ」


ウエーバーのチャコールグリルにはポータブルタイプの

スモーキー ジョー シリーズもあり

キャスター付きの脚が省かれ、サイズがコンパクトになっています。

ウェーバー スモーキー ジョー シリーズ


こちらにもノーマル(無印)とプレミアの2つのグレードがありますが

価格差が殆ど無いので、殆どの方がプレミアを選びます

持ち運びや車載に向いた省スペース設計でサイズは37cmです。

日本人の好みに合う使い勝手の良い製品で

数人で気軽にバーベキューを囲むには調度良い大きさでしょうか

ですが、残念な事に37cmというコンパクトさがネックになって

後述するピザ用のオプションが使えません

完全にバーベキュー用の簡易グリルという位置付けですね。

さて、気になるのが画像下部にポツンと残されている製品です

実はこのグリル、本国アメリカで最も人気のある製品で

シルバーケトルとゴールドケトルの長所を併せ持った

最も使い勝手の良いバーベキューグリルなんです。


■ウェーバー(WEBER) ジャンボ ジョー グリル 47cm


サイズが47cmなのでワンタッチシリーズ用のオプションがそのまま使え

脚を省くことで高さが50cmと車載にも何とか対応するサイズに収まっています

日本国内ならいざ知らず、コンパクト志向の乏しいイメージのあるアメリカで

一番人気というのは意外な気がしますが

ウェーバー社製のチャコールグリルの中では文句無しにおすすめ出来る逸品です。


使い方と知っておくべきこと


ウェーバーオリジナルケトルは非常にシンプルな構造をしていて

火力の調節は上部と下部にそれぞれある

回転式の穴(エアーベント)を調節することで行います

また、内部にはプロペラに似た3枚の羽があり

ハンドルを動かすことで灰を受け皿に落とす事が出来ます

どちらも手を汚さず簡単に扱え、この手軽さが

ウェーバー ワンタッチシリーズと言う呼び名の由来となっています。

また、チャコールグリルと言うぐらいですから

燃料は炭で、扱いには経験と最低限の知識が必要になります

詳しい方法はネット上に豊富に紹介されているので割愛しますが

一番の難関となる着火には、スターター(火起こし器)が便利なので活用しましょう。

バーベキューグリルのスターター(火起こし器)


底の抜けたビールジョッキの様な形状をしている物が多く

画像のウェーバー純正品以外にも

各社らか色々なバーベキュー用スターター(火起こし器)が販売されています。

言うまでもないと思うのですが

ウェーバーのバーベキューグリルは屋外で使用する製品です

百歩譲ってマンションのベランダでもギリギリ使えそうですが

色々と迷惑になりそうなので注意しましょう。



ウェーバー社のバーベキューグリルをピザ焼きに特化するには?


ようやく本題です、本来はバーベキュー用グリルですが

とても優秀な製品なので、ピザ窯の代用として十分な実力を備えています。

本格的なピザ窯の特徴として熱対流・直火・遠赤外線が挙げられますが

ウェーバー社のバーベキューグリルはオプションを使うことで

その殆どの特徴を再現することが出来ます。

炭火を使用するバーべキューグリルですから、直火は言うに及ばず

ドーム状の密閉された蓋があるおかげで、熱対流での加熱もでき高温も再現できます

耐火レンガで出来たピザ窯特有の遠赤外線効果に関しても

オプションで販売されているピザストーンを使うことで解決します。

ウェーバー社製ピザストーン


このピザストーンは取っ手部分とピザストーン本体の取り外しが出来ますが

ピザストーン部分が直径34cm、持ち手を含めても本体の最大幅は42.5cmで

47cm・57cmどちらのサイズにも使える大きさになっています。

持ち手ごとグリルに入れてピザを焼きますが

ピザストーンがグリル内の熱を程よく分散した上に、ピザの余分な水分を飛ばし

さらに、遠赤外線効果が加わることで

よく言われる「外はパリッと中はもっちり」な焼き上がりにしてくれます。

ウェーバー オリジナルケトル(ワンタッチ シルバーケトル)の47cmと

このピザストーンを組み合わせると、最も安価にピザ窯を再現できますが

1枚のピザを取り出すだけでも、蓋を全開にする必要があるため

何枚も連続してピザを焼くのには向いていませんし

出来たとしても、ピザを美味しく焼くために必要な高温が維持できない欠点もあります。

そこで登場するのがKETTLEPIZZA製 ケトルピザ デラックスキット

ウェーバーのバーベキューグリルを簡単にピザ窯に変身させる優れモノです。

KETTLEPIZZA ケトルピザ デラックスキット
参照元:KETTLEPIZZA


オプションキットなのに価格はウェーバーのバーベキューグリル本体を上回る大胆さですが

見た目も機能もピザ窯に限りなく近くなり、蓋を全開にしなくても

手前の開口部からピザの出し入れができるので、熱対流を損なう心配がありません。

ピザストーンと木製のピザパドル(ピール)が付属し

こちらのピザストーンには取っ手が無く、直径は38cmです

ウェーバー純正よりもサイズが大きく

ピザ焼きに最適と言われる500度を超える耐熱温度があります。

本体部分はステンレス製で47cmと57㎝の両サイズに対応し

2段階のサイズ調整が可能になっています

このケトルピザ デラックスキットには少しだけ仕様の異なる

ケトルピザ デラックス USA キットという製品もあり

こちらはピザパドル(ピール)が金属製です

金属製だと何故にUSAなのかは不明ですが

こちらの方が薄く、木製よりも使い勝手は良さそうな印象ですね。

個人的にはこのキットで十分すぎると思うのですが

更に上級者向けのKETTLEPIZZA製 「プロキット22」という製品もあるようです

KETTLEPIZZA プロキット22


こちらは57cmタイプにしか使えず、ステンレス製の本体を含めた

フルセットだと驚くほど高額になります

デラックスキットとの違いはピザストーンの形状と

新たに熱源が追加出来るようになっている点でしょうか

素人目には価格差に見合った効果が得られるのか

疑問に思うところですが、プロ目線では違いがあるのかも知れません

ピザ窯の温度はピザ焼きにとって非常に重要な部分でしょうから。



まとめ


ウェーバーのバーベキューグリルから

ケトルピザのピザ窯キットまで色々と紹介してきましたが

バーベキューグリル本体は『ウェーバー(WEBER) ジャンボ ジョー グリル 47cm』

ピザ用キットは『KETTLEPIZZA ケトルピザ デラックスキット』

この組み合わせが、個人的にベストだと思います。

価格的にトータルで5万をギリギリ下回る、決して安くない買い物ですが

気軽に移動できる家庭用ピザ窯と考えれば、安易な自作ピザ窯よりもずっと便利な気がします

ピザ窯を自作する、DIY的な楽しさもあるとは思いますが

美味しい石窯風ピザを味合うことが目的の場合には

なかなか魅力的な選択肢ではないでしょうか。




関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-08-27 13:42 | from -

Re: 教えてください。

> BBQ場で使うグリルをamazonで探していて、どうせならピザも焼きたいと思っていたらこちらにたどり着きました。
>
> 記事でおすすめされている通り、jumbo joeとkettle pizzaのセットが自分の求めるものでした。
>
> こちらにたどり着く前にweberを扱うお店にjumbo joeにピザのキットは装着できますかと質問したところ、できないとの回答でした。
>
> youtubeなどで見てもjumbo joeにkettle pizzaをつけている人が見つからず、購入を迷っています。
>
> 実際に装着されたのでしょうか?特に問題なく使用できましたのでしょうか?



雄介様、ご質問ありがとうございます

残念ながら私自身この組み合わせで利用した事が無いので

歯切れの良い返答が出来ず、心苦しいのですが

このウェーバーの記事を書いた際に

海外のサイトで組み合わせ可能かどうか確認した覚えがあります。

http://www.weberjumbojoe.com/kettle-pizza-for-the-weber-jumbo-joe/

↑こちらのページだったと思うのですが

Kettle Pizza社のアタッチメントがWeberのJumbo Joeで確かに使用されています。

取扱店の返答が気になる所ですが

不安を拭いきれないようでしたら

47cm・57cmならばどのタイプでも使用できる

Weber用ピザストーンから始めてみてはいかがでしょうか?

2015-08-27 15:29 | from ぴざ~る | Edit

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/37-ac608a0d