『ピザピール』と『ピザパドル』両者の違いと本来の使い方 - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●デリバリーオファー
クーポン番号『QTB20』入力でピザ全品20%オフ!!
枚数・回数制限あり、ネット注文限定で配達OKです【11/19迄】

●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【期間延長中】

ピザハットオンライン

『ピザピール』と『ピザパドル』両者の違いと本来の使い方

手作り木製ピザピール


皆さんが外食でピザを注文した際に

持ち手の付いた木製の器で振舞われた経験はないでしょうか?

大半のお店では陶器製の皿でピザが振舞われているので

実際に目の前に出されると、結構戸惑ってしまうのですが

この持ち手の付いた木製の器はピザピールまたはピザパドルと呼ばれています。

なにやら本格的な雰囲気が漂う見た目をしているので

普通の皿には無い利点があるのではないかと期待してしまいますが

実際に使ってみると、大きな違いは感じません

単に見た目を重視した装飾目的で使われているのだろうか?と

気になって調べてみると、ピザピールまたはピザパドルの本来の使い方が見えてきます。



ピザピール・ピザパドルの本来の使い方は?


木製と金属製のピザピール・ピザパドル


見た目からなんとなく想像できますし、ピザ好きの方には常識かと思いますが

本来、ピザピール・ピザパドルは器として使われる物ではなく

ピザをピザ窯に出し入れする際に使う道具です。

大きく分けて木製と金属製の2種類があり

大型のピザ窯に使う物ほど持ち手が長く作られていますが

木製と金属製では用途が微妙に異っています。


木製のピザピール・ピザパドル


殆どの木製ピザピール・ピザパドルはピザをピザ窯に投入するときだけに使い

金属製と比べてへらの部分に厚みがあるため、ピザ取り出しには向いていません。

また、木製のピザピール・ピザパドル上でピザ生地を延ばしたり

具材をトッピングしたりなど、まな板としての用途も兼ねていて

ピザ窯に投入するまでに様々な役割を担ってくれます。


ピザ窯と金属製ピザピール・ピザパドル


金属製のピザピール・ピザパドルは

ピザ窯からピザを取り出す際に使われるのは勿論ですが

ピザ窯内でピザを移動させて焼き加減を調節したり

高温になるピザ窯の上部までピザを持ち上げて

表面に焦げ目を付ける用途にも使われます。

ピザ窯に入っている時間が長いので、燃えてしまわないように大半が金属製ですし

ピザをスムーズに取扱えるように木製よりも

へらの部分が薄くしなやかに出来ています。

木製でも金属製でも、本来はピザ窯に使う器具なのは確かですが

一部でピザ用の器として活用されている理由は定かではありません

ピザ窯投入直前まで使用していた持ち手の短い木製ピザピール・ピザパドルを

食器の節約を兼ねて、焼き上がった後にもピザ皿として活用したのが始まりでしょうか?

とは言え、外食で見掛ける器としての木製ピザピール・ピザパドルには

ピザ窯投入時に出来る木の焦げ目はおろか

ピザ生地がくっつかないようにする打ち粉の形跡も全くうかがえないので

既に本来の理由は薄れ、最初から装飾や雰囲気作りの為の器として

割り切って使われているのは間違いないです。



『ピザピール』と『ピザパドル』両者に違いはあるのか?


木製と金属製のピザピール・ピザパドル


色々と調べてみましたが、結論から言うと

ピザピールとピザパドルは呼び方が違うだけで同じ物の様です。

ただ、ピザパドル(pizza paddle)よりも

ピザピール(pizza peel)の方が検索結果の件数が多く

パンをオーブンから出し入れする際に使う

持ち手の長い木べらをピール(peel)と呼ぶ事から

ピザピールと言う呼び名のほうが一般的です。

個人的には「しゃもじ」をライスパドル(rice paddle)と呼ぶ点から

持ち手が短くへらの様に使うものをピザパドルと呼んでいる気がしますね

お好み焼きに使うコテ的なイメージでしょうか。



ピザピール・ピザパドル以外のピザ皿について


ピザピール・ピザプレート・ピザボード


木製のピザピールないしピザパドルは本来は器ではないので

ピザ皿の代用としては利点がなく使い勝手も今一つです。

ピザ専用の食器にはピザ皿やピザボード、ピザプレートやピザトレイなどがあり

本格的なお店では必ずこういった器が使われています。

こちらもピザピールとピザパドルの様に呼び名による線引きが曖昧で

木製、陶器製、金属製、石製と材質も多様な為

形状や特性から理解したほうが分かり易いです。

最もポピュラーなのがピザ皿こと陶器製の平皿で

手入れが楽な上に事前に器を温めておく事でピザが冷め辛い利点があります

数少ない欠点として金属製の回転式ピザカッターとの相性の悪さがあり

ピザが切り分け難く、キーキーと耳障りな金きり音が立ちます。

完全な平面をしている製品は少なく、お盆の様に縁の部分が垂直に盛り上がっているか

縁に向かって緩やかに湾曲する形状をしています。

陶器製の次によく見掛けるのがピザボードとも呼ばれる木製で

木製だけに回転式ピザカッターとの相性が良く

ピザを切り分ける際は柔らな使用感があります。

ですが、ピザカッターとの相性以外は陶器製と比べて利点は少なく

木材の加工や質よっては傷による経年劣化が激しくなり

食器としての見た目が非常に悪くなります

形状には丸形と長方形があり、ピザボードの呼び名の通り板状のものが多いですが

丸形には陶器製と同様に縁だけが盛り上がったお盆タイプのものがあります。

この他にもピザトレイに多い金属製やピザプレートに見られる石製もありますが

お目にかかれる機会は滅多に無いかも知れません

因みに石製はステーキショップ等で使われている石焼プレートと同じ物で

保温能力に長けていますが、ピザ皿サイズともなると重量は3㎏を超えてしまいます。



まとめ


ピザカッターとピザボード


外食の際にピザ用の器としてピザピールやピザパドルが使われていると

見た目が妙に本格的なので、勝手に勘違いしそうになりますが

本来はピザ窯にピザを出し入れする為の器具で

木製に限って言えばまな板の様な使い方もされています。

器としては、見た目重視で装飾的な意味しか持ち合わせていませんが

中には理に適った使い方をしているお店があるかも知れません。

本格的なピザ窯を使っているお店に足を運んだ際は

ピザの味だけでなく、使われている器の形や材質をチェックしてみては如何でしょうか。




 
関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/45-2f50908d