旧型とココが違う!!新型ピザ焼き機『グルメオーブン VGO-55』 - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【期間延長中】

ピザハットオンライン

旧型とココが違う!!新型ピザ焼き機『グルメオーブン VGO-55』

Vitantonio(ビタントニオ)グルメオーブンVGO-55
参照元:Vitantonio(ビタントニオ)


随分と前にTV等でも話題なったのでご存知の方も多いと思いますが

家庭用ピザ焼き機と呼ばれるピザ好き垂涎の製品が存在します。

このブログでも 実売1万円の石窯ピザ焼き機『FPM-220/FPM-160』が凄い の記事で

フカイ工業製のピザ焼き機を紹介したことがあり

スーパーで買える安価な冷凍ピザでも美味しく焼ける上に

本体価格が手ごろなことも手伝ってか結構なヒット商品になりました。

発売からしばらく経ち、他社製も含めて幾つかのバージョンが存在しますが

久々に新型のピザ焼き機が登場するという情報を目にし

ようやく評価の高いフカイ工業製の新型登場か?と期待しながら調べてみたのですが

Vitantonio(ビタントニオ)という見慣れないメーカー名が飛び込んできました

新登場の家庭用ピザ焼き機は

グルメオーブン VGO-55 (GOURMET OVEN VGO-55 ) という製品名で

驚いた事に見た目がフカイ工業製のピザ焼き機「FPM-160」に瓜二つで

色合いも同じくフカイ製の「FPM-220」を感じさせる仕上がりです。

聞いた事の無いメーカーだったので、最初は粗悪なコピー商品かとも思いましたが

よく見ると作りは確りしていますし、ただの類似品では無さそうです

今回は色々と気になる新登場のピザ焼き機

Vitantonio(ビタントニオ)製 グルメオーブン VGO-55 について調べてみます。



似すぎ?グルメオーブン VGO-55 とフカイ製 FPM-160


FPM-220とVGO-55


さて、細部こそ異なるものの

左のVitantonio(ビタントニオ)製 グルメオーブン VGO-55 と

右のフカイ工業製 さくさく石窯ピザメーカー FPM-160 は

生き別れの双子の様に良く似ていますね

見た目以外の部分はどうなっているのかと比較してみると

両者の仕様は以下の様になります。


■VGO-55

【温度調節】160~400℃
【対応ピザ】最大30cm
【タイマー】最長時間15分
【消費電力】1200W
【サイズ】W35.1×D36.1×H20.8cm
【重量】4.8kg(ピザプレート使用時)



■FPM-160

【温度調節】100~410℃
【対応ピザ】最大30cm
【タイマー】最長時間15分
【消費電力】1200W
【サイズ】W35.1×D34.6×H20.5cm
【重量】4.8kg(ピザプレート使用時)



温度調節機能の幅に若干の違いがある以外は

家庭用ピザ焼き機としての基本性能や仕様はほぼ同じで

部品レベルで同様の物が使われている様にも見えます

対応しているピザのサイズも同じく最大30cmで

以前に紹介した Heart to PizzaRvalentino で販売されている

30cmサイズのお取り寄せピザがジャストサイズで焼ける点もそのままです。

私個人の推論で確証はありませんが

これほど似た製品をブランドロゴ付きで堂々と販売している事から

グルメオーブン VGO-55は類似品やコピー商品の類ではなく

OEM、いわゆる受託製造品の可能性が高いです。

因みにVitantonio(ビタントニオ)は(株)mhエンタープライズが展開する調理家電のブランド名で

名前の印象から海外の輸入家電と勘違いしそうになりますが、れっきとした日本の家電製品です。



グルメオーブン VGO-55 とフカイ製 FPM-160の違いは?


グルメオーブン VGO-55の付属品


冒頭から似ている点ばかり強調していますが

明確に異なる部分もあり、そこがグルメオーブン VGO-55 の売りになっている様です。

付属品にはピザプレートとピザパドルの他に

フカイ工業製のFPM-160には無かった

ピザカッターと深皿のディッシュプレートが加わっています

特に様々な料理に活用できるディッシュプレートの存在は大きく

ピザ焼きに特化した専用機ではなく「グルメオーブン」という

製品名通りの活躍が期待できます。

実はこの深皿のディッシュプレートはフカイ工業製で

一番人気のあるピザ焼き機 FPM-220 に「ディッシュパン」という名前で付属していて

新型の グルメオーブン VGO-55はフカイ工業製のピザ焼き機 FPM-160 の高温と

FPM-220 の汎用性をバランスよく備えた製品と言えるかもしれません。

個人的に残念なのはFPM-220だけに搭載されている焼きムラ防止の回転機能と

上下の熱源別に温度調整できる機能が採用されなかった点でしょうか

回転機能は作りが複雑になり故障し易いですし、掃除も面倒なので不要かも知れませんが

上下別の温度調節は是非欲しかったところです。



結論として『グルメオーブン VGO-55 』 はオススメか?


フカイ工業製の人気ピザ焼き機2種の長所を併せ持つバランスの良い製品ですが

既にどちらかを持っている方はあえて新調する必要はないと思います。

更に発売して間もないこともあり価格がまだまだ高止まりしていて

2016年4月現在、グルメオーブン VGO-55 一台分の価格で

フカイ工業のピザ焼き機 FPM-160 と FPM-220 の両方が買えてしまいます。

先行するピザ焼き機よりも性能面で優れているというよりも

洗練されているといった感じの製品ですが、価格がもう少し落ち着きさえすれば

ピザ焼き機として新たなスタンダードになり得るのではないでしょうか

少なくともピザを焼く以外は思いのほか出番がない…

そういった欠点は多少軽減されています、コイツはなにせグルメオーブンですから。



関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/53-87a572a1