冷凍ピザと冷蔵(チルド)ピザ、意外に知らないその違いとは? - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【期間延長中】

ピザハットオンライン

冷凍ピザと冷蔵(チルド)ピザ、意外に知らないその違いとは?

冷凍と冷蔵の違い

スーパーなどで格安に買えるピザを、総称として「冷凍ピザ」と呼んだりしますが

実のところ、その大半が「冷凍ピザ」ではなく「冷蔵ピザ」ないし「チルドピザ」です。

保存期間や保存方法が異なっている事は、誰にでもわかるのですが

どのような基準で区別されているのでしょうか?

見た目や味、調理法も含めてその違いについて調べてみたいと思います。


即席ピザとインスタントピザ


ラーメンやコーヒーなどで「即席」「インスタント」と言う呼び方は大変ポピュラーですが

保存の効く出来合いのピザを「即席ピザ」「インスタントピザ」と呼ぶことは少ないと思います。

この呼び名自体は古くからあり、一部ではまだ使われている言葉なのですが

「冷凍ピザ」の呼び名が定着しすぎて、一般的にあまり使われなくなってしまいました。

冒頭でも触れましたが、冷凍ピザとは保存方法が異なる冷蔵ピザやチルドピザも

一まとめにして、「冷凍ピザ」と呼ばれています

即席ラーメン・インスタントラーメンを参考にして

「長期間の保存が出来る」「簡単に食べられる」という視点でみると

即席ピザと呼べるのは冷凍ピザだけで

冷蔵ピザやチルドピザは「お惣菜」近い位置付けになるでしょうか。


JAS法で定められた温度の違い


そもそも明らかに温度が違うので、誰もが感覚で理解してはいますが

冷凍・冷蔵・チルドの違いは、日本農林規格(JAS)の定めるJAS法で決められているそうで

要約すると、冷蔵とは摂氏10度以下での保存、チルドは摂氏5度以下での保存となり

肝心の冷凍はマイナス18度以下での保存と定めれられています。

JAS法以外にも食品衛生法に冷凍食品に関する基準があり

こちらはマイナス15度以下と定められています。

温度に若干の違いが見られるのは、JAS法は品質の維持・向上を目的としていますが

食品衛生法は食品の安全を目的にしている事が理由で

マイナス15度で安全面に関しては十分だと言う判断がされているようです。

因みに1975年以前はJAS法でもマイナス15度以下と定められていたので

古い資料には、その名残がみられます

現在の冷凍食品には最新のJAS法基準であるマイナス18度以下の表示があり

旧基準や食品衛生法のマイナス15度の表示は見られないので、特に混乱する事はありません。

すこし踏み込んで、温度ではなく食品としての観点で見てみると

冷凍食品は生産・流通・消費の各段階で

マイナス18度以下を保っている食品の事を言うそうです

チルド食品はマイナス5度からプラス5度の温度帯で流通するものを言うそうですが

明確に法で定められておらず、食品の種類別に0度から10度の温度帯で流通していて

特に冷蔵とチルドの区別はしていないようです。


実際にピザを見てみると


大まかな取り決めは理解できましたが

実際の冷凍・冷蔵ピザの表示はどうなっているのでしょうか?

代表的なメーカーを選んで調べてみます。


日本ハム『石窯工房』シリーズ


日本ハム(にっぽんハム)を代表するシリーズで

スーパーなどでも良く見かける人気の高い冷蔵・チルドピザです。

【表示】10℃以下で保存してください。


トロナジャパン『本当に旨いピザが食べたい。』シリーズ


すき家でおなじみのゼンショー系列メーカーで

高級本格路線の冷凍ピザとして「本当に旨い~」シリーズが人気です。

【表示】要冷凍(-18℃以下)


デルソーレ(DELSOLE)バリューラベル/ゴールドラベル


日本でも古参に入るピザ関連メーカーで生地の美味しさに定評があり

冷凍ピザから冷蔵・チルドピザまでラインナップの豊富さは業界随一です。

【表示】14日間(10℃以下)

【表示】1年間(-18℃以下)



保存期間を表示しているメーカーもありますが

冷凍の表示はマイナス18度以下、冷蔵の表示は10度以下となっていて

チルドピザに相当する保存温度は見られないようですね

実質的に国内で流通している即席ピザは、冷凍ピザと冷蔵ピザの2種類ということになり

「冷蔵ピザ=チルドピザ」といった感じになるでしょうか。


冷凍ピザと冷蔵ピザ、味と調理法の違いは?


冷凍ピザと冷蔵ピザには保存方法や保存期間以外にも

ちょっとした特徴があり、大きくこの3種類に分けられます。


冷蔵でオーブンレンジ・トースターを使って調理するタイプ


伊藤ハムや日本ハムのチルドピザ・冷蔵ピザがこれに相当し
調理にはオーブンレンジやオーブントースターが必須で
電子レンジのみの調理に対応していません。
焼きが入るので香ばしく仕上がりますが、焼く手段や技術によって
仕上がりに大きな差が出ます。


冷凍でオーブンレンジ・トースターを使って調理するタイプ


トロナジャパンやアクリフーズの冷凍ピザがこれに相当し
調理前に自然解凍か電子レンジで解凍してから
オーブンレンジやオーブントースターで焼くと言う
2つのステップが必要になる。
冷蔵ピザ・チルドピザよりも保存期間が長いのが利点で
味については保存法よりもメーカーの努力に左右されるようです。


冷凍で電子レンジだけで調理が出来るタイプ


デルソーレのフローズンラベルや明治(meiji)のこだわりピッツェリアシリーズが
これに相当し、調理にオーブンレンジやオーブントースターを必要としません。
電子レンジのみで調理可能で、メーカーによっては温めただけでも
本格的に仕上がるように焼き目が最初から入っている製品もあります
もちろんオーブンを併用するとさらに美味しく仕上がります。

冷蔵で電子レンジのみで調理が可能なタイプは見たことがありませんが

技術的には、それ程難しくないので

私の知らないところで流通しているのかも知れませんね。


保存期間と冷凍庫の温度について


最後にピザを保存する為の家庭用冷蔵庫と保存期間ついて触れてみたいと思います。

現在の冷蔵庫では冷蔵室と冷凍室を兼ね備えている物が普通ですが

冷凍室には定められた基準と性能の目安が設定されているそうで

中心部がマイナス18度以下と日本工業規格(JIS)で定められています。

また、冷蔵庫の説明書や庫内・庫外には規格や性能をまとめた表示があり

その中に冷凍室の性能の目安として、アスタリスク「*」を真横にしたような記号がみられます。

冷蔵・冷凍庫の日本工業規格(JIS)

上図のようにワンスターからフォースターまでランクがあり

古い型ならいざ知らず、今の冷凍冷蔵庫の殆どは

マイナス18以下を維持できるフォースター指標です

古い型や海外製を使っていて、どうしても気になる方は

一度自宅の冷蔵庫を確認してみてはいかがでしょうか?

上図の「貯蔵期間の目安」を見てもわかりますが

氷点下でも温度が上がるにつれて、保存期間はどんどん短くなり

冷凍ピザを含む冷凍食品も、賞味期限や消費期限が本来よりも短くなってしまいます。

最新の冷蔵庫でも冷凍室内の保存場所や扉の開閉頻度によっては

温度が十分に保たれていない場合もあります

イメージ的に永遠に腐らない印象のある冷凍庫ですが、保存期間の過信は禁物かも知れませんね。



関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/6-a04bf144