ピザじゃなく『ピッツァ』が食べたい人向けの宅配ピザ4選 - お手軽ピザの道具箱

【宅配ピザ】最新のクーポン・持ち帰り半額・割引キャンペーン情報

【ドミノ・ピザ】
●お持ち帰り限定『1枚割』キャンペーン
Mサイズ1枚¥1000~ Lサイズ1枚¥1500~ 1枚注文でもお得!!【無期限】

●お持ち帰り限定『BOGOする?』キャンペーン
お持ち帰りで1枚買うと、もう1枚が無料 2枚以上注文でお得!!【無期限】

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

【ピザハット】
●店舗・地域限定『ハットヒーローズ』キャンペーン
8種類のメニュー限定で、お持ち帰りなら50%オフ、配達なら30%オフに!!【期間延長中】

ピザハットオンライン

ピザじゃなく『ピッツァ』が食べたい人向けの宅配ピザ4選

イタリアのピッツァ


私が外食でピザを食べるとき、殆どの場合でピザではなくピッツァを選びます。

最近は地方都市でも気軽にイタリアンタイプの所謂『ピッツァ』が楽しめるようになり

私以外にも、この様な嗜好の方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

この傾向は外食だけに留まらず、宅配ピザ業界にも波及していて

宅配ピザ大手3社では、そつなくピッツァ系のメニューが提供されています。

ですが…個人的にこれは違うのです

確かにピッツァと言えばピッツァなのですが、生地とトッピングのバランスが悪いといいますか

ゴージャスにし過ぎるあまり、トッピング過多で本来のシンプルかつ旨味み溢れる

ピッツァの特徴が失われている様に感じるのです。

大手の宅配ピザが力を入れてメニュー開発しているだけに、味自体は悪くなく

このような感想を抱く私は少数派なのかも知れませんが

ピッツァ風にアレンジしたピザではなく、ピッツェリア(ピザ専門のイタリアン)で楽しめるような

シンプルなピッツァを宅配で楽しみたいというのが、正直な所です。

そこで今回は宅配ピザ業界で徐々に勢力を拡大しつつある

ピッツァ系宅配ピザについて、幾つか紹介してみようと思います。



PIZZA LIDIA(ピッツァリディア)


PIZZA LIDIA(ピッツァリディア)
参照元:楽天デリバリー


最初に紹介するのは東京都に3店舗を構える

小規模なピッツァ系宅配ピザのPIZZA LIDIA(ピッツァリディア)です。

まだまだ発展途上のため店舗数も少なく、利用出来る地域は限られていますが

本格的かつ低価格なピッツァが提供され、個人的に大変好みです。

税込1900円からの注文で配達に対応し、Mサイズが28cm、Lサイズが35cmと

シェアせずに1人1枚が基本のピッツァでは珍しく大きめのサイズ設定になっています。

ピッツァのメニュー数は25種類程でマルゲリータやマリナーラ

クワトロフォルマッジやプロシュートなど、定番どころはしっかりと押さえてあり

メニュー紹介の写真を眺めているだけでも食欲をそそります。

価格はマルゲリータのMサイズが税込1800円程度、Lサイズがプラス600円くらいで

大手宅配ピザよりも2割程度お得な価格で提供され

街のピッツェリアで注文できるベーシックでシンプルなピッツァが

そのまま宅配してもらえる印象でしょうか。

唯一残念な点は、注文するための公式HPが見当たらず

注文可能なページまで辿り着く事が難しい事でしょうか

試しに注文してみたい方は楽天デリバリーやdデリバリーからの方が見つけやすいですし

大手ほど積極的に割引キャンペーンをしていないため

これらを経由した方がネット特典やポイントでの割引が受けられるのでお得です。









PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァ サルヴァトーレ クォモ)


PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァ サルヴァトーレ クォモ)
参照元:PIZZA SALVATORE CUOMO


続いては全国17都道府県に60店舗を構える中規模の宅配ピザチェーン

PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァ サルヴァトーレ クォモ)です

店舗の半数以上が関東に集中しているので、地方民には馴染みが薄いですが

イタリア人オーナーを含め、メディアへの露出が頻繁なのでご存知の方も多いでしょう。

こちらは税込1620円からの注文で配達に対応し、Mサイズが27cm、Lサイズが30cmと

ピッツァとして一般的なサイズですが、MとLではサイズに差が無いのが

少し悩ましいところでしょうか。

ピッツァのメニュー数は20種類程でビスマルクなど

Lサイズでしか注文できないメニューも幾つかあります

こちらのメニューの特徴として、全てのピッツァにプレミアムチーズを使用した

上位バージョンが存在し、プラス400円で楽しむことが出来ます

イタリアから空輸するほどこだわっている部分で

使用されるモッツァレラチーズには、癖になるような独特の旨味があります。

価格はマルゲリータのMサイズが税込1800円程度、Lサイズが税込2300円程度で

こちらも比較安価に提供されているのには好感が持てますね

チェーン店として規模が大きくなると、ファミレスの様に角の取れたメニュー展開に陥りがちですが

ピッツァ サルヴァトーレ クォモはピッツァへのこだわりや

本物志向がキッチリと維持され続けている印象を受けます。

余談ですが、カナダ東部に『PIZZA SALVATORE』というほぼ同名の宅配ピザ会社があり

こちらは北米だけにガチでアメリカンタイプのピザを提供しています。

ピッツァ サルヴァトーレ クォモは持ち帰り割引や期間限定キャンペーンに消極的なので

少しでも安くピッツァを楽しみたい方は前述のピッツァ リディアと同様に

楽天デリバリーやdデリバリーを経由して

ネット注文特典や各種共通ポイントを活用した方が良いでしょう。









RAJA VETTA(ラジャヴェッタ)


RAJA VETTA(ラジャヴェッタ)
参照元:RAJA VETTA


RAJA VETTA(ラジャヴェッタ)は東京都内に9店舗を構える

小規模なピッツァ系宅配ピザチェーンで

メニュー展開は大手宅配ピザのピッツァ風ピザに近い印象です。

税込1600円からの注文で配達に対応し、Mサイズが25cm、Lサイズが35cmと

一昔前の大手宅配ピザと同じサイズ展開で

価格はマルゲリータのMサイズが税込2000円、Lサイズが税込3200円程度と

こちらも大手宅配ピザを髣髴とさせる、やや割高な価格設定となっています。

ピッツァのメニュー数は18種類程ですが、マルゲリータやマリナーラなどの定番メニューと

日本人好みにアレンジを加えたオリジナルメニューがほどよく混在していて

ピザクラストは薄生地のクリスピータイプが使用されています。

上の画像を見てもわかりますが、ナポリ風ピッツァの特徴ともいえる

盛り上がった耳が無く、モチモチした食感とは異なるパリッとした薄生地が使われ

ピッツァ系宅配ピザでは珍しく、ローマ風ピッツァの生地を主体としたお店です。

ラジャヴェッタも持ち帰り割引や期間限定キャンペーンに消極的なので

少しでも安くピッツァを楽しみたい方は楽天デリバリーやdデリバリーを経由して

ネット注文特典や各種共通ポイントを活用した方が良いでしょう。









ナポリの窯


ナポリの窯XLサイズ
参照元:ナポリの窯



最後を飾るのは、もはや説明不要のナポリの窯です

宅配ピザ大手3社には及ばないものの、全国29都道府県で150店舗は

ピッツァ系宅配ピザではダントツの全国カバー率を誇ります。

経営会社がストロベリーコーンズと同じなので

従来型のピザメニューの影響を強く受けている点は否めませんが

地方でも手軽に注文できますし、持ち帰り注文で10%オフになるのも

他のピッツァ系宅配ピザには無いアドバンテージです。

Mサイズが25cm、Lサイズが30cmでピッツァのメニュー数は50種類と

他社と比べてかなり多いですが、大半がトッピング過多の

日本風ピッツァという感じでしょうか

価格はマルゲリータのMサイズが税込1620円、Lサイズが税込2380円と

思っていたよりも安価で、前述のピッツァ リディアや

ピッツァ サルヴァトーレ クォモと比べても遜色ありません。

因みにナポリの窯は日本の宅配ピザで注文可能な最大サイズにあたる

XLサイズ(直径40cm)のピザが注文出来る唯一のお店です

上の画像にある『クワトロ・マルゲリータ』と

『クワトロ・レジーナ』の2種類がXLサイズで注文でき

人が集まる様なちょっとしたイベントには持って来いなメニューです

ピッツァはシェアせず1人1枚が原則ですが、これは一度くらいは注文してみたいものですね。







まとめ


ナポリの窯を除けば関東や大都市圏メインの店舗が大半で

お住まいの地域を気にせずピッツァ系宅配ピザ楽しむには

まだまだ時間が必要といった感じですね

現時点で利用出来る地域にお住まいの方が羨ましいです。

私を含めた地方在住者には少し歯がゆいですが

個人的にピッツァ リディアくらいのシンプルさと価格が一番好みです。



関連記事

【いつも応援クリック、ありがとうございます!!】

にほんブログ村 料理ブログ ピザパン・おかずパンへ

トラックバック

http://pizzatoolbox.blog.fc2.com/tb.php/72-5e391727